エテュセのうるうる透け感コスメ! 3つのシーン別メイクで試してみた

2018.10.23 09:00更新 [PR]エテュセ

お出かけやイベントの増える秋冬は、メイクにも力を入れたいもの。そんな女子の強い味方が、エテュセから登場! カラーとパールの効果でツヤ肌をつくる「カラーイルミネーター」と、パールが乱反射して透明感たっぷりに輝く「チップオン アイカラー」です。VoCE専属モデルのクレイトン愛さんが、いろんなメイクで試してみました♪

ふれたくなる“ピンクブラウンメイク”で、イルミネーションデート

気になる彼や恋人と出かける夜のデートは、きらきらうるうるのモテメイクが必須。「シュガーピンク」と「シナモンブラウン」のアイカラーを合わせて、イルミネーターは「無垢パープル」を使います。


★メイクのコツ
涙袋は別名「ホルモンタンク」と呼ばれるほど、愛され顔に欠かせないポイント。シュガーピンクのアイカラーをたっぷり乗せて、うるっうるの瞳をつくります。シナモンブラウンはまず、上まぶたのぎりぎりにオン。目尻から下まぶたにも広げて、やわらかな垂れ目を演出します。
パープルのイルミネーターは、目の下で三角形を描くように伸ばして、顔にメリハリをつくりましょう。くすみを消しつつ、ハイライトの力で小顔効果が狙えます。

「男性はナチュラルメイクが大好物。チップタイプのアイカラーで濃淡をつければ、自然な目力がつくれます。シナモンブラウンは光沢感があって、目元がぱっと華やかになるから、使い勝手ばつぐんです!」(クレイトン愛)

テーマパークへのお出かけにぴったりな“ビタミンメイク”

誰と行っても思いきり楽しめるテーマパークには、元気なビタミンカラーのメイクがおすすめ。くっきり明るい「コッパーオレンジ」のチップオン アイカラーと、華やかなお肌がつくれる「こなれイエロー」のカラーイルミネーターを使いました。

★メイクのコツ
アイカラーは、広めに塗ったほうが元気な印象に。上まぶたにも下まぶたにもしっかりとコッパーオレンジを乗せて、パワフルな雰囲気に仕上げます。チップタイプなので、まつ毛のきわまで塗りやすいのもうれしいところです。
イエローのカラーイルミネーターは、日本人の肌になじみやすい色。紫系のクマやくすみを打ち消して、健康的な肌をつくってくれます。頬骨の高い位置で横長に入れるのが、ぱっと明るい顔をつくるポイント。

「今年は夏ごろからイエローのコスメが増えてきて、取り入れ方を迷っていたけれど、お肌に仕込めるカラーイルミネーターはとっても便利。お顔がワントーン明るくなって、とってもキュートに仕上がります。目元のビタミンカラーもかわいくてお気に入り♪」(クレイトン愛)

LIVEは“透けるチェリーピンクメイク”で弾ける!

女友達と大好きなアーティストのLIVEで盛り上がりたい! そんな日は、大好きなピンクを自分らしく詰め込んだメイクで。「チェリーピンク」と「シュガーピンク」の同系色アイカラーで技ありの目元をつくり、「清純ブルー」のイルミネーターでヘルシーなお肌に仕上げます。

★メイクのコツ
まばたきのたびに、ちらりとのぞくピンクのアイラインがアクセント。黒のアイラインを引いたうえに、チェリーピンクのチップでカラーラインを足していきます。目尻から3分の2くらいまでは広めにチェリーピンクを伸ばしつつ、目頭にはシュガーピンクをオン。目頭が明るくなると、目がきらきら輝いて見えます。
マスカラもリップもこってりつけるので、肌はあえてつやつやヘルシーに仕上げ、カジュアルダウン。清純ブルーのイルミネーターをこめかみからCラインを描くように入れて、透け感をアップしましょう。

「ダブルのアイラインは、どちらもカラーライナーで入れてしまうとインパクトが強すぎるから、今回みたいにアイカラーをライナー使いするのが大正解! こめかみ周りのハイライトは横顔美人のポイントなので、どこから見ても透明感のあるお肌になりました♪」(クレイトン愛)

ほかのカラーバリエーションも使いやすい!

カラーイルミネーターはそのほかに「ときめきピンク」「上気ピンク」をラインアップ。淡い「ときめきピンク」は、どんな肌色の人にも合うハイライトとして。ベースに仕込んでおくだけで、顔が明るい印象になります。上気ピンクははっきりした色なので、ハイライトとして使う以外に、チークをぼかすにもよさそうです。

チップオン アイカラーには、クールな「スパイスグレー」も。下まぶたに置くと目元がくすんでしまうので、上まぶたに使うのが鉄則! シュガーピンクと合わせれば大人かわいく、チェリーピンクを下まぶたにプラスすればちょっとモダンな雰囲気に仕上がります。

秋冬にぴったりの“透け感”うるうるメイクを支えるコスメ、ぜひ試してみてください!

▼購入先はこちら